さくらや海老名店はごくごく普通の「お母さん」がオーナーです。

地域のママを応援したい!と始めたさくらや海老名店ですが、オーナーである私が一人で運営しているお店です。ピンクのエプロンがトレードマーク!

オーナーは永岩智子と言います。「イワナガ」とよく間違えられますが、「ナガイワ」が正解です!他にスタッフはいないので、お店に来ていただいても、お電話をいただいても、どちらも私が対応します。少しでも身近に感じてもらえたらいいなと思い、今日は私自身のお話です。

さくらや海老名店を始めるまで

出身は海老名市です。なので、私もずっと前に、とある海老名市内の学校の制服を着ていました!学生時代は吹奏楽部に所属しており、ブランクを経て、現在も楽器を吹いています。その話はまた後で。私も海老名市に住むお母さんで、子どもは2人。長男はすでに独立して家を出ています。長女は高校生です。歳の離れた兄妹ですが、男子も女子も育てているので、子育ての話も大歓迎です。専業主婦だったり、パートをしたり、学校の役員をやったり、そんなお母さんでした。子どもが高校生にもなると、子育てにも一段落を感じることも多く、ここからは自分の時間も充実させよう!と思っているところです。

さくらや海老名店を始めたきっかけ

2017年の日曜日、とある朝の情報番組を何気なく見ていました。そこで初めて「さくらや」という制服リユースの取り組みを知り、番組の間中ずっと共感の連続!お母さんの「困った」を解決するするさくらや、「なんていいお店だろう!!」と感激したことは、今でも私のモチベーションです。ちょうど娘が中学に上がったというタイミングだったのですが、私は周囲の友人のおかげで、お下がりの制服をゲット!本当に友人には感謝しかありません。私はたまたま譲ってもらうことができたのですが、見つけることができなかった人、在学中なのに破いてしまった人、転校しないとならなかった人はどうするのだろう・・・海老名市の近隣にさくらやはありませんし、新品を買うの一択になってしまうのか。そう考えると、ますます「こんなお店が海老名に欲しい!」という思いでいっぱいになりました。そこからはあっという間!自宅を店舗にするためのリフォームやお店を出すための勉強などがトントンと進み、念願のさくらや海老名店をオープンする運びとなりました。

制服リユースショップからみる制服事情

制服をリユース品(中古品)で揃えるという選択肢は、まだまだ浸透していないのが現状です。ですが、絶対に必要な取り組みだ!と思い、海老名にオープンしたのは、現代の経済事情も大きく関係しています。それは、家庭の経済状況は本当に人ぞれぞれで、表立って目にすることはないけれど、実は経済的に困っている人がいるのだということ。立派な住む家がある。仕事もある。服装もいたって普通。でもその裏では、ご主人のギャンブル依存で食事もままならなかったり、体の不調で収入が減っていたり・・・。そんな時の進学準備、特に制服はかなりの負担になります。行政にも、家や収入のある家庭を助ける制度はないそうです。そして悲しいことに、親の事情で辛い思いをするのは子どもなのです。

そんな時に、「制服が買えないの!誰かお下がり探して〜!」なんて言える人はなかなかいませんよね。昔は子ども会や自治会のような地域のコミュニティを通して、お下がりの制服が回ってくることがよくありましたが、現代では近所付き合いのない孤立したご家庭も多くあり、ましてや経済事情による周囲からの孤立ということもあると聞きます。そんな方の力になりたい!という思いをオープン時からずっと持っています。さくらや海老名店を私がやろう!と思ったのは、そんな思いがあったからなのです。

さくらや海老名店をオープンしてから

お店に来てくださるお母さんは、すでに新品の制服を作ったけれど、洗い替えの制服を買ったり、成長に合わせてワンサイズ大きなものを買って行ったりと、買い物上手なお母さんや、子どもを4人、5人、6人と育てられているパワフルなお母さんなど、いろいろな方がいらしてくださいます。「さくらやがあってよかった!」「上の子の時からあったらよかったのに〜」といつも嬉しいお声をいただけるので、オープンして本当に良かった!と思うのですが、必要としている方全てに情報は届いているのかな?と思うこともあります。もっとたくさんの方に知ってもらい、気軽に立ち寄ってもらえる店作りはまだまだ続くのです。

さくらや海老名店以外にやっていること

さくらやのオーナーである私、趣味は楽器の演奏です!子育ても落ち着いたタイミングで、学生時代に吹いていたクラリネットをもう一度やろう!と思い、現在は海老名市民吹奏楽団に所属しています。毎年の定期演奏会にも出演しているので、機会があればぜひ聴きに来てくださいね!そんなこともあり、お店に海老名市民吹奏楽団の演奏会のポスターが貼ってあることもあるのですが、元吹奏楽部というお話で盛り上がることもしばしば。2019年からはもっと上達するべく、個人のクラリネットレッスンにも通っています。また楽器をやりたいなと思っている方、ぜひそんなお話もできたら嬉しいです。

お店の定休日には、お家のことを細々とやっていたり娘の学校関係に出かけたりするのですが、お友達とのランチも楽しみの一つです。オススメのお店がありましたら教えてくださいね。

さくらやハンドメイド部

さくらやには少しですが、幼稚園の制服も置いてあります。そんなことから、入園グッズを作れる人がいたらいいなと思い、ハンドメイドの布小物の販売を始めました。作っているのは私ではなく、さくらや海老名店の近隣で活動するママさんです。通園バックや体操着入れ、給食袋、マスク、お弁当袋、ランチョンマットといった幼稚園・学校グッズから、ちょっとした小物まで。ひっそりとブームの起こった人気商品もあるんですよ!

また、私がピアス好きということから、今ではハンドメイドのアクセサリーも扱っています。制服に用はなくても、見るだけでも大歓迎です!制服は紺やグレーなど、地味な色合いが多いので、ハンドメイドの棚はさくらやの店内に華やかさをプラスしているのですよ〜!
そんなハンドメイド作家のメンバーで、「さくらやハンドメイド部」も立ち上げました!といってもたまにイベントに出店しているくらいなのですが、そんな時も私は、トレードマークのピンクのエプロンで参戦しています。

さくらや海老名店で見て欲しいもの

制服屋さんに色を添えるハンドメイドの棚は、もちろん私のお気に入りなのですが、ぜひ見てもらいたいのがさくらやの看板です。オープンの時にチョークアーティストの方にお願いした、とても素敵な看板なんですよ〜!
リペアをすればずっと使える看板なので、メンテナンスをしながらこれからもさくらや海老名店で皆様をお迎えします。色合いや風合い、動きのある感じが絶妙です。こちらはさくらや海老名店の入り口にあります。

店舗入り口の横では多肉植物を育てています。寄せ植えにしたり容器に凝ったり、大切に育てています。さくらやハンドメイド部のメンバーで多肉植物を買いに行ったりもするんですよ!こちらは販売はしていませんが、お店に来られた時や通りがかりにぜひご覧になってください。

さくらや海老名店のこれから

さくらや海老名店はこれからもずっと、お母さんの味方であり続けたいと思っています。制服を売ったら少しのお小遣いになるかもしれませんし、リユース品を上手に理由することで、家計の負担を減らすことができます。お顔の見えるお取引は絶対で、安全なお譲りのためにネット通販はいたしません。お預かりしたものをしっかりと次に必要とする方へ、バトンを渡す役割です。そして制服の購入にお困りの方がいらっしゃったら、そのお子様が気兼ねなく学校生活を楽しめるように、制服でお力になります。
新入学のお母さんは、何かご心配なことなどありましたらぜひさくらやにいらした際に色々お話しましょう!私の経験や、他のお客様とのやりとりの中での経験から、何かお力になれることがあるかもしれませんよ。さくらや海老名店はリユースの制服屋さんではありますが、リーズナブルな制服だけでなく、人と人とのつながりで、お母さんのお財布と心のサポーターになりたいと思っています!

関連記事

  1. ご家庭でできる制服の簡単お手軽メンテナンス

  2. 制服以外に揃えるもの。その他学用品や指定品、何が必要?