制服リユースショップで制服をリーズナブルに手に入れる

何かと物入りの新学期、制服にかける金額を抑えたい!と思った時には是非制服リユースショップへ!お安く揃えることができたらお財布にもとっても優しい。そしてその他の学用品や部活道具の足しにすることができます!
ですが、そうはいってもお値段やリユース品の品質が気になるところだと思います。さくらや海老名店のオーナーも同じ立場のお母さんなのでよーくわかります!制服のお値段は普段なかなか目にする機会がないですよね?一体どんな品質で、いくら必要なのでしょうか?新品とリユース品を比較してみたいと思います。

制服ってどこで購入すればいい?いくら必要?

新品の制服を購入する場合の購入場所

新入学の制服はどこでどうやって買えばよいのでしょうか?新学期が近づくと、ママ友との間でも話題に上がるかもしれません。学校指定の制服の流通は、制服メーカーが学校指定の制服屋さんだけに制服を卸し、その学校の関係者や生徒のみが購入できる仕組みになっています。ほとんどの場合は、入学説明会などで、服装のきまりやその他の詳しい説明があると思いますので、規定にあった制服を揃えることになります。学校指定の制服屋さんに出向き、サイズを測りオーダー、出来上がったら受け取り、という流れで販売されています。私立校では、説明会の会場でサイズを測り、オーダーができる学校もあるようです。学校指定の制服屋さんは、地域によって違いがありますが、大型のショッピングモールや、地域の商店街の一角など、立地や店舗数もまちまちです。

男子は、成長期であることが多いので、2月や3月などのギリギリの採寸がおすすめです。女子の場合は、男子ほど身長が変化しないので、1月や2月などでも良いかもしれません。特に中学校の入学時期は、体が一番成長するタイミングにさしかかります。最近の制服は、袖や丈が調整できるようになっていますが、冬服に関しては入学してすぐの4、5月に着たらしばらく着ないものなので、次のシーズンまでに成長する分を考えて大き目のサイズを選ぶのも良いと思います。

新品の制服を購入する場合の価格

では一体制服はいくらあれば買えるのか?という話。
制服と言っても、男子は学ラン(標準学生服)かブレザー、女子はセーラー服かブレザー、ズボンかスカートといった制服上下のほかにどれくらい指定の商品があるかで必要とするお値段が違ってくるので、一言では言えません。制服上下を夏服と冬服、シャツも長袖半袖があり、ネクタイやリボン、カーディガンやベスト、靴下や靴、体操服、コートなどの防寒着まで本当に様々です。かわいい制服を目標に入学試験を頑張るお子様もいることと思いますが、制服のデザインは幅広く、有名ブランドの制服を採用している学校もあります。
公正取引委員会が平成29年に調査したデータによると、公立中学の制服の場合、制服一式(制服とシャツ等の学校指定の付随品目を合わせたもの)で最も多い販売価格帯は、男女ともに30,000円〜35,000円とありました。制服一式とは、制服(学ランとズボン、ブレザーとスカートなどの冬物の制服)に加え、制服に付随する品目として、シャツ、ブラウス、ネクタイ、リボンのような学校が指定する品目が含まれているとのこと。注意してもらいたいのは、比較的安価な公立の制服だという点、そして冬服のみという点です。制服には夏服もありますし、シャツやブラウスも1枚では足りないのでこの価格にプラスαと考えてもらえればイメージがつくのではないでしょうか?
公立か私立か、また、地域によって差も出てくるのが制服なので、あくまで参考として・・・。

参考:公正取引委員会ホームページ https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h29/nov/171129.html

海老名市立中学の制服価格(2019年1月現在)

具体的なお値段を把握するために、さくらや海老名店のある神奈川県海老名市、一番近い中学校である有馬中学校の制服のお値段を調べてみました。

男子 冬服(ジャケット・スボン サイズにより異なる)約39,000円〜41,000円
   夏服(ズボン サイズにより異なる)約11,000円
女子 冬服(ジャケット、ベスト、スカート)約42,000円
   夏服(ベスト、スカート)約20,000円
その他に、ワイシャツ、ネクタイ、ソックス、ベルト、カーディガンやセーターを揃えることになります。

比較のためにもう一校、海老名駅に近い海老名中学校の制服も調べてみました。
男子 冬服(ジャケット、ズボン)約40,000円
   夏服(ズボン)約11,000円
女子 冬服(ジャケット、ベスト、スカート)約46,000円
   夏服(ベスト、スカート)約24,000円
その他に揃えるワイシャツなどは同様となります。

思っていたより高かったですか?安かったですか?お値段の感じ方は一概には言えませんが、これくらいかかるよ!というお話です。公正取引委員会のデータと比較すると海老名市は少し高めだということがわかりますね。

制服リユースで制服を購入する場合の価格

リユースの制服の価格帯は制服の状態で決まります。なので一概にいくらかというのはお伝えするには難しいのですが、一般的には新品の制服の1/3程度と言われています。とは言っても、新品に近いほどきれいなものは高く、劣化が多くみられるものは低くお値段がついているので、ニーズに合ったものを選ぶことができます。新入学からリユースの制服を選ばれたようなら、価格が高くてもきれいなものが好まれますし、卒業目前に買い替えが必要になった場合は低価格のものが好まれる傾向にあります。有名私立だからプレミアがついて高いとかそのようなことはありません。

リユース品でも気にならない品質の制服って素晴らしい!

査定をしていて思うことは、本当に日本の制服ってよくできている!ということです。月曜日から金曜日まで、雨の日も晴れの日も着て学校に行き、1時間目から6時間目まで授業を受けて、文化部なら部活も。そんな中、3年経った制服でも問題なく次の世代にお譲りできるってすごいと思いませか?例えば、気に入った洋服を、同じように毎日着たとしたら、あっという間にヨレヨレ、毛玉、擦れ、シミ、色あせ・・・ボロボロになりますよね。制服は数年の着用くらいではヨレヨレにはならないくらいしっかりとした作りです。実際にさくらや海老名店には、お客様から売っていただいた制服がたくさん並んでいますが、きれいなものばかりです。一度ご自身の目で見て確かめてみてください!下見だけでも大歓迎。同じように地域お母さんであるオーナーがお待ちしていますので、お友達の家に遊びに行くような感覚でお越しくださいね!

関連記事

  1. 制服リユースショップ さくらや海老名店ってどんなところ?

  2. 制服の出張買取致します!2019年春!

  3. お母さんの困ったが作ったさくらや

  4. 制服リユースはいらなくなった制服のお譲りから始まります!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。